{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

名古屋渋ビル研究会 / 名古屋渋ビル手帖 [第3号]

¥550 税込

送料についてはこちら

高度経済成長期(1950〜70年代)に建てられた、街中にありふれた地味なビルの魅力を詰めこんだ小冊子「名古屋渋ビル手帖」第3号。通算6冊目になります。保存版★名駅おでかけMAP付き。 猛烈な勢いで近代化が進む名古屋駅エリアを特集。建て替えられて無くなってしまった渋ビルも あるなか、せめて「今」の風景を残しておきたい。そんな思いが込められた一冊。 主なコンテンツ ・プロローグ「渋ビルと建築のリレー」 ・総力特集・名駅エリアの渋ビルたち ・温もりのビルパイ ・コラム「Up On The Roof - ないモノなんて作ればいい」 (ゲスト:堀江浩彰氏) ・ビルの宝箱・号外「内部の螺旋」「屋上の突起」 手がけたのは名古屋渋ビル研究会のおふたり。ひとつひとつ注意深く眺めれば、職人の手仕事が光る個性豊かで表情あふれる渋ビル。そんな建物の魅力を紹介するべく、年1回程度のゆるゆるとしたペースで制作しているとのこと。小冊子でありながら、デザインも統一されていて揃えたくなるシリーズです。 Size : B6 Pages:24P 名古屋渋ビル研究会 一覧 https://bit.ly/39S03pM 関連: BOOKS https://bit.ly/39NhV5k 〒 ・ネコポス(基本ポストin) ・7日以内に発送(土日祝除) --- 名古屋渋ビル研究会とは 同級生2人組(グラフィックデザイナーと建築家)による名古屋の渋いビルを愛でるユニット。街歩きしながら2人の琴線に触れた渋ビルを褒めたり撮影したりしている。2011年4月結成。 2012年5月に小冊子「名古屋渋ビル手帖 創刊準備号」を制作。以後年1冊のペースで発行し、渋ビルの魅力を少しずつ広めている。 https://shibubuilding.themedia.jp/ ーーー @risato8