汎用 免罪符/藤原浩一
new
5c0266dc14444873c4d3a591 5c0266dc14444873c4d3a591 5c0266dc14444873c4d3a591 5c0266dc14444873c4d3a591 5c0266dc14444873c4d3a591 5c0266dc14444873c4d3a591

汎用 免罪符/藤原浩一

¥1,296 税込

送料についてはこちら

アナタの罪を許します! そんじょそこらの罪は、この免罪符に書き込むことですべて許される、たいへん太っ腹な汎用免罪符。 頭の片隅に少しでも引っかかっていることがあったら、即座に買いましょう! 罪を書いてサインをするだけ。 それだけで、罪が許されたことを証明してくれます。 たった1,200円で、450回分の罪をご容赦してくれるなんていい時代になったものです。 このような都合のいい作品を作り出したのは、デイリーポータルZ編集部でおなじみの、ライター藤原浩一さん。とても「らしい」仕事です。 「金で赦しをあがなうとはなにごとだ」と、戦争をおっぱじめたルターも今や歴史の教科書くらいにしかいないことですし、ガンガン使ってスッキリしましょう! 先着ではちみせオマジナル「NASAそうなレジ袋(Red Ver.)」をプレゼント B6サイズ 2枚1組、1冊50組 1,200JPY + tax96JPY  送料:180円 !) イメージラストは作家近影 5枚目は1515年レオ10世が発行した贖宥状(免罪符)です --- 藤原浩一さんも今や30超え。いつまでたっても若造のイメージしかないのですが、それもそのはず。初めて知ったのは、デイリーポータルZで取材された、高校生時の記事でした。 大学入学、卒業、入社、新卒で入った会社をクビ、デイリーバイト、先を越された妹の結婚……おおまかな人生の概要をいろいろ知っているためか、今やすっかり親戚のおばちゃんのように見守っています。 とはいえ藤原さんは、お世辞も言えないかわりにけしてウソも言わない。なので、その発言のひとつひとつはものすごく信憑性があるんです。思ってもいないことや着色した話、人に迎合した会話がとびかう世の中で、とても信頼できる人のひとりです。 ・いいですねー ・今度行きましょう ・行けたら行きたい こんなあいまいな発言も、彼の口から出たなら本気に取れるという安心感。 コミュニケーション能力はともかく、彼のアイデア、ライティング、そして作品を私は高く評価というか、「いいな〜」と思ってまして、この「免罪符」もそのひとつ。 脅すようにして取り扱いまでこぎつけました。 ダンボールに入った免罪符を家であけた時もまたひと笑い。こんなにていねいに、がっしりと、「絶対的に1ミリのシワも許さん」というていねいな包み。こんなキッチリとした梱包をみたのはたぶん初めてです。 藤原さんは不本意だと思いますが、私からはOPPに入れての発送になりますのでご容赦くださいね。 藤原 浩一 KOICHI FUJIWARA 1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。 Twitter https://twitter.com/k_fjwr 藤原浩一のこれまでの記事 https://dailyportalz.jp/writer/kijilist/152 注) ------------------- ※商品の色はモニターによって、実際の商品とは異なる場合があります [配送] ・スマートレター 追跡なし ・お支払いからお届けまで3-20日前後いただく場合があります [梱包] ・リサイクル紙袋・封筒などを使用