和紙田大學 / 新聞紙 | 祝儀袋 フトッパラ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

和紙田大學 / 新聞紙 | 祝儀袋 フトッパラ

¥660 税込

送料についてはこちら

カジュアルの極みを追求した「新聞紙」。「さっと包んだ感」でさりげなく祝っている感を演出して、実は誰よりも凝っているシカケのご祝儀袋です。 新聞紙柄を開くと、結婚にちなんだ「おめでたいけど、なんだかすっとぼけた記事」(創作)を掲載しており、読み物としてもお楽しみ頂けます。 銘柄は「毎日経済成婚新聞」、日付は2042年11月22日。およそ20数年後の新聞を想定しています。 近しい友達などへカジュアルに送れるご祝儀袋がテーマの「フトッパラ」。ハレを象徴するイラストを大胆に配し、見た目も喜ばしさもそのインパクトは誰にも負けません。 新郎新婦が最もホッとできる瞬間は、式が終わって皆様からの祝儀袋を眺めている時なのではないでしょうか。そんな時に、読み物にもなったこの祝儀袋は、必ず目に留まります。そして、一つ一つの記事を読んでいくうちに、自然と笑みがこぼれ、「結婚したんだなあ」と楽しい余韻に浸ることが出来ます。あなたのユーモアが、きっと新郎新婦に笑顔をもたらすことでしょう。 和紙の名門”和紙田大學”が輩出? しました。水引加工や製造は、長年の歴史を持つ信州・長野の水引メーカー。うち袋と、短冊が3本(寿・御祝・無地)がついています。もちろん手を抜かない仕事ぶり。短冊には、愛媛の伊予和紙を使用しています。あげてもらってうれしいご祝儀袋です。 Size mm : 100×180 和紙田大學 一覧 https://bit.ly/33qjyEh 関連:封筒・便箋 https://bit.ly/2TQaHsh 〒 ・ネコポス(基本ポスト投函) ・1週間以内に発送 --- 1984年創業の和紙問屋、株式会社オオウエ。その四代目(候補)大上さんが、 「歴史」「格式」「高級品」などと敷居が高く見られがちな和紙に、とぼけたデザインを施そう! とスタートした和紙田大學。初めて目にしたときのインパクトは今でもしっかり覚えていて、何度か利用させてもらってます。しっかりとした日本の伝統的な商品を取り扱いたいとずっと思っていましたが、それが和紙田大學のアイテムになろうとは、うれしい限りです。 和紙田大學 ワシダダイガク “伝統×ゆるデザイン=ゆるディッショナル”。上質な和紙にシュールでとぼけたデザインをほどこす和紙プロダクト・ブランド。上質な和紙の質感と、ひと目見て思わずニヤリとしてしまう変カワイイ絵柄とのギャップが大人の遊びゴコロをくすぐります。選びながら「誰に渡そうか」、「どんなシーンで使おうか」を自然と考えてしまうはず! あなたと大切な人との間に半笑いを添えるコミュニケーションツールとしてご活用ください。 http://uru-washi.com/feature/1272