うえのけいこ / せみのオブジェ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

うえのけいこ / せみのオブジェ

¥4,400 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT 入荷未定ですが、リクエスト(「再入荷お知らせ」ボタンをタップ)頂ければ入荷時に通知がいきます&次回入荷の目安にします。 ※手作りにつき、全く同じものはありません 陶器製のせみのオブジェです。 あの真っ黒な目が印象的。 リアルより少し大きいくらいなので、一瞬ホンモノのようにも見えます。 土を活かした素朴な作品で、せみの息吹を感じます。 置き物はもちろん、壁にかけることもできるので、壁にせみが止まっているようにも! 手がけたのは、生き物をモチーフにした作品が多い”うえのけいこさん”。 ある夏の日、家の前の道に死んで間もないセミが転がっていたそうです。それを見た日からセミモチーフを作り始めたとのこと。 「それを見た途端、何ていうのでしょうか、愛してしまいました。それ以来、せっせとセミを描いたり作ったりしています」 メールでもらった文章に、わたしは軽く動揺しました。 うえのさんの作品は、しっかりとその小さな愛がしっかりと芽吹いていて、たしかにその気持ちが伝わってきます。 どの作品も、少しばかり急ぎすぎな生活の中で目にすると、「ちょっと一息入れよう」という穏やかな気持ちにさせてくれるうえのさんの作品です。 せみモチーフは他にもあります。 専用ボックスなし。プチプチで梱包してのお届けです。 Size mm : 47 × 75 H20 うえのけいこ 一覧 http://bit.do/fQXBR 関連:インテリア https://bit.ly/2VRld3N ! ) ・宅急便コンパクト ・1週間以内に発送 --- 人気イラストレーター、死後くんから作品を見せてもらって、「ぜひ紹介してほしい」とお願いしたのが陶芸家うえのけいこさんでした。個人的に、日々陶芸への愛が募っていますが、中でもうえのさんの作品は、「土を焼く」という原始的な作品作りを力強く想起させてくれるプリミティヴなもの。夏には、夜空にホタルがちらほら見えるような土地にお住まいだから……? ということも関係性ゼロとはいえない気がします。 うえのけいこ 山口に住んでいます。 ロッテルダム Petri Voetの教室で陶芸を始め、山口・東京・大阪で個展や二人展、グループ展などをしてきました。cafe gallery芝生で「アニマタ展」など。 この頃は釉薬をほぼ絵具を使う感覚で塗っています。思ったようにできないのが面白いところです。 yiu28511@nifty.com