吉丸 睦 / 道のソフトクリーム ブローチ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

吉丸 睦 / 道のソフトクリーム ブローチ

¥8,690 税込

送料についてはこちら

「うわっ! やっちゃったー」という声が聞こえてきそうな、道のソフトクリーム。道の、というよりも、道に落ちた、というのが正解ですね。 あのベットリとコンクリートにくっついてしまったクリームを、大中小さまざまなビーズで一粒一粒ていねいに刺繍して見事に表現しています。 ソフトクリームのブローチはあるかもしれないけれど、落ちてしまったシーンのブローチはかつてなかったのではないでしょうか。ほかに、アイスクリーム(チョコナッツマシュマロ×レモンシャーベット)バージョンもあります。 てがけたのはアクセサリーストアCrepe.主催のビーズ刺繍作家、吉丸睦さん。かわいいだけじゃなく、やわらかい発想で「これ、なに!?」「こんなものがビーズ作品に?」な作品を次から次に世に送り出しています。これはもう革命に近い。 アイデア・技術、そして、こつこつとモザイク画のように縫いこむ緻密な作業をぜひご堪能ください。 箔押しのかわいい専用ボックスに入れてのお届けなので、プレゼントにもオススメです。 Size mm : 55 × 50 吉丸睦 一覧 https://bit.ly/2OYcbxD 関連:アクセサリー https://bit.ly/39AirUc ! ) ・宅急便コンパクト ・お届けまで5-14日のケースあり ・簡易包装 リサイクル使用もあり ーーー ビーズ作品はかわいいだけじゃないってことを教えてくれた吉丸さん。こぼれた牛乳、野菜のテリーヌ、イカめし、バームクーヘンの切れはしや、カマキリのタマゴ、カブトムシの幼虫……などなど、ひとめではわからない可能性を秘めた作品を多く作ってます。「え? これなあに?」と聞かれたときのうれしさったらありません。世界にひとつのよろこびがあります。 また、作品は本当にしっかり縫い(刺し?)こんであります。私は10年近く前にはじめて作品を購入。それからいくつか入手しましたが、いまだに壊れることもなく現役バリバリなんですよ。オリジナリティに溢れたモチーフばかりなので、デザイン的に古くなることもなく、一生モノといってもいいと思います。 ご本人はおだやかで、心やさしいお人柄がにじみ出ている笑みをいつも浮かべているのですが、こんなぶっ飛んだ発想をお持ちなのでそのギャップにホレますね。これからどんな斬新な作品を見せてくれるのか楽しみです。 吉丸睦 Mutsumi Yoshimaru ビーズ刺繍作家 2006年よりアクセサリーストアCrepe.として活動開始。 常に新しい表現方法を考えながら、個展や様々なイベントに出品し制作し続けている。 書籍 2015年「ビーズ刺繡の動物ブローチ」(文化出版局) 2018年「ビーズ刺繡で作る動物と植物のモチーフ帖」(日本文芸社) 最近の主な個展、グループ展 2017年 伊勢丹新宿TOKYO解放区「TOKYO解放区5周年記念イベント」ほぼ日「ネコの日」、URESICA「ブローチちゃんとバッジくんミュージアムへ行く」、京都伊勢丹20周年記念POP UPストア、PHYSICAL TEMPO「UNDERGROUND」ほか 2018年 青山PARCOミツカルストア「キャッシーニャストア」、大阪NEW PURE+「かブる宇宙展」個展、 西武池袋本店書籍館1F神保町いちのいち池袋店「書籍発売記念展」、 gallery T「書籍出版記念展」ほか 2019年 台湾高雄七号閲覧室「fruit basket」、伊勢丹新宿TOKYO解放区「眠る。」 NADiff modern「額ブち展」個展、伊勢丹新宿TOKYO解放区「カレー天国」 http://accessorystore-crepe.com/ ーーー @accessory_crepe