cut the world / メアリー・ベル マグネット
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

cut the world / メアリー・ベル マグネット

¥1,100 税込

送料についてはこちら

最年少サイコパス、メアリー・ベルのマグネットです。マグネットですが、ピンなどつければブローチとしても使えますし、額装もオススメ。 cut the worldの沓澤さんがてがけるモチーフは、シリアルキラーや、シュルレアリスムをメインとした芸術が多く、刺さる人には心をガシッと掴まれてしまいます。 メアリー・ベルは、11歳にして幼児を殺害。また自分を犯人と突き詰めることができなかった警察に対して挑発的な行動をとりました。(画像はそのときの直筆) そんな彼女のマグネットをご自宅の冷蔵庫などにどうぞ! ▼シリアルキラーシリーズ  Mary Bell メアリー・ベル 犯行期間 1968–1968 11歳にして2人の幼児を殺害。劣悪な家庭環境で育ち、周囲にも虚言癖のある少女として知られていた。 「人に注射針を刺せるもの」(看護師になりたい理由) Size mm : 40 × 65 Material :アイロンビーズ、マグネットシート cut the world 一覧 https://bit.ly/2Zdv3P9 シール|ステッカー https://bit.ly/2Qp4SRd ! ) ・ネコポスほか ・お届けまで5-14日のケースあり ・簡易包装 リサイクル使用もあり ※他アイテム含め複数お買い上げで送料超過の場合、差額をいただくケースもありますのであらかじめご了承ください --- ビックリサイズの超でかいアイロンビーズ大作をTwitterで発見。それがおまるさんでした。恋人と別れてヤケクソで作った(たしか)その歪んだ創作発作にすこぶる感動して、ダラダラとツイートを追っていたら、わたし好みのモノをやたらと作っている……! そこで突発的にお声がけさせてもらいました。これからもきっと、「うわ〜いいっ!」と思う作品を量産してくれるはず! cut the world 沓澤おまる ロンドン芸術大学で立体造形を学び、東京で立体造形制作の仕事をしていました。 自分の部屋が大好きであまり家から出たくないので、会社を辞め、椅子から立たずに作れる物を作り始めました。 素材やジャンルにとらわれず、「自分の部屋に欲しい物を自分で作る」がモットーです shop https://cuttheworld.thebase.in/ twitter https://twitter.com/of_swan Instagram https://www.instagram.com/of_swan/