寺田克也 / 幾何学的なメタリックな何かの仏|原画 大喜利モンスター
5ea9c39acee9ea76dd957ac1 5ea9c39acee9ea76dd957ac1 5ea9c39acee9ea76dd957ac1 5ea9c39acee9ea76dd957ac1 5ea9c39acee9ea76dd957ac1 5ea9c39acee9ea76dd957ac1 5ea9c39acee9ea76dd957ac1

2020/11/01 00:00 から販売

寺田克也 / 幾何学的なメタリックな何かの仏|原画 大喜利モンスター

¥0

送料についてはこちら

幾何学的なメタリックな何かの仏|原画 大喜利モンスター イラストレーター・漫画家の寺田克也さんが、みなさんからお寄せいただいたお題を元に創造するモンスターシリーズ。プロジェクトの第一弾。公開展示します。 たくさんの声(お題)から、寺田さんが独自に合体・改変して産みだした大喜利モンスター。作品タイトルそのままというよりも、多くのコトバたちから着想を得ているハズ……! あなたの声が、モンスターのツメ先に、ヒゲに、耳の穴に、もしかしてあの余白に! 反映されているかもしれません。 すべてのモンスターが揃った時点で、作品の価格と販売日時を各ページ上&Twitterにてお知らせします。(およそ1ダースくらい? と ご本人談) 投稿したしないに関わらず、どなたでもお買い求めいただけます。 Size : 210 × 125 mm 拡大:https://bit.ly/2YuYL1p ※ 表記している販売開始日は暫定です 価格は内容により変動しますが3万〜8万円弱を予定 ーー No.1「幾何学的なメタリックな何かの仏」 この、ありがた〜い「何かの仏」をデータで受け取ったとき、掛け軸に描かれた仏像のようだと思いました。けれどもよく目にする彼らは、目や口元がかすかに動くような気がすることもありますが、全体的には『静』の印象。 ですが「幾何学的なメタリックな何かの仏(モンスター)」は、水辺に映った雲のようにゆらゆらと揺れているように見えました。しかも、頭上(天)から地まで全体的に、です。目(玉)もない、腕も一本、足もないこのメタリックな仏に、蜃気楼にも似た動きをみてとれるとは……。これが多くのモンスターやクリーチャーを製造してきた寺田マジックでしょうか? 寺田克也 一覧 https://bit.ly/35uq8KD 関連:特注 Only ONE-83 https://bit.ly/2KIbruc ▼ ・転売、営利利用NG ・SNSなどのアイコン使用OK 過去のお題募集ページ(受付終了)はこちら https://bit.ly/2Vb1c6X ーーー 全体を通して観た寺田克也さんの龍の眼力、今にもギロリと動かんばかりの迫力でした。最初に観たのは龍ではなく、たしかWEBサイト。トップページに君臨した、巨大な猿だったような気がします。もしかしたらあれは大猿王だったのかな……。 日本画、イラスト、漫画……もはやジャンルは寺田画としかいいようのない作品たち。ご本人はラクガキと称したりもしてますが、完全に確立されているとお見受けするのにまだまだ…という意気込み。その姿は、80を超えてもなお絵の向上を模索し、死の直前に「天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」と言った葛飾北斎を彷彿とさせるのです。 寺田克也 Katsuya TERADA 岡山県玉野市生まれ。マンガ表現をベースにイラスト、ゲーム、映画のキャラクターデザインなどで国内外で活動中。 近年はパーソナルワークにも同じ比重を置きエキシビジョンも増えている。日本のマンガ、ヨーロッパのバンドデシネに強く影響を受けた線画主体のスタイルに根強い支持者を持つ。 Web:http://cacazan.com/ Instagram:@katsuyaterada Twitter:@terra_da_k