土鈴 富士ちゃん / いぬんこ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

土鈴 富士ちゃん / いぬんこ

¥5,555 税込

送料についてはこちら

  • 土鈴 富士ちゃん [一]

  • 土鈴 富士ちゃん [二]

  • 土鈴 富士ちゃん [三]

福を呼ぶ? 土鈴人形 いぬんこが手がけた土鈴人形、福ちゃんたちの中の富士ちゃんズ。それぞれ一体ずつの販売です。 以下いぬんこさんより。 人形の型は、佐渡の仙人のような三十郎さんの土人形工房「古食庵」で作ってもらいました。三十郎さんは山奥の廃校で「なんでも遊び、失敗はないんじゃ……」という昔話のような生活をされてます。三十郎さんの人形は、無印良品の福缶にも選ばれてます。 参照記事 https://nishiogi.in/180513sado2/ 古食庵 https://sado-biyori.com/spot/detail/sb0012/ それを、蛍光気味な色を重ねてお菓子っぽく絵付け。展示用にたーくさん作りましたが、ありがたいことに残ったのはこの子達だけ。なかなか可愛いと思うんだけど、残り福ちゃん達、おうちにどうですか? Size : およそW75×H60 (mm) 一 紫 銀福  二 黒 金福  三 黒 銀福 (こちらは鈴の音がありません) いぬんこ 一覧 https://bit.ly/2RosCoH --- 滋賀県大津が産んだ民芸絵画「大津絵」が大好きなんですが、いぬんこさんの絵を見たときに「あ」と思いました。ユニークだけどちょっと風刺が効いていたり、物憂げな表情なのに、なぜかスコーン! と明るい気分にさせてくれたり。似てる。常軌を逸した想像の産物たちが、みんなあたたかくて思わずにんまりしてしまう。絵本でもアニメーションでも、ちょっとしたイラストでも、いぬんこさんの作品には、背景に人が生活を営むうえでのちょっとした機微や喜怒哀楽のすべてが詰まっているような気がしますが、インパクトは「楽」。とにかく楽しく、明るい。 生活に密着しているようなイラストの中に、大きな世界観が見える。ちょっと抽象的でしたが、いぬんこさんの作品は、どれもこれもみんな大きくあたたかく突き抜けている。日本晴れのような清々しさがあります。現存する大津絵が少ない今、近い将来「いぬんこ絵」というジャンルが登場するかもしれません。本当に大好きな絵描きさんです。 いぬんこ "犬ん子"(inunko) 東大阪出身。杉並区在住。京都嵯峨美術短期大学卒。 浮世絵や大津絵、引札など日本の大衆絵画における滑稽と哀愁に影響を受け、それを現代の感覚で描きつないでいきたいと精進中。 Eテレ「シャキーン!」では、ロゴ,オープニング,エンディング,タイトル文字など手がける。 絵本に「おかめ列車」シリーズ(好学社)「おちゃわんかぞく」(作:林木林/白泉社)「うれないやきそばパン」(作:富永まい 中尾昌稔/金の星社)「ねこのたまたま」(作:倉本美津留/好学社)「モモリン」(作:立川志の輔/あかね書房) 他 Web https://tis-home.com/inun-co/ Twitter https://twitter.com/inunco ! ) ・宅配便 クロネコヤマト ・お届けまで5-14日のケースあり ・簡易包装 リサイクル使用もあり