幕の内弁当・助六寿司 [絵皿] 2-Type / esou ceramics
5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896 5e181c7dd790db4aaadff896

幕の内弁当・助六寿司 [絵皿] 2-Type / esou ceramics

¥3,520 税込

送料についてはこちら

  • 幕の内

  • 助六寿司

幕の内弁当、そして助六寿司の絵皿です。 幕の内はエビフライまでついた豪華バージョン。定番の梅干しが効いてます。サイドにはいかにもおめでたい松がバランスよく配置されていて、細部なのに、葉や木の濃淡がとてもていねいに描かれています。 助六寿司はとても質素な中身&色味で、これがとても陶器との相性がいい。茶色い食べ物に無性においしそうに感じるときがありますがまさにそれ。サイドにはお弁当には必須のバランを落とし込んでます。 制作したのはesou ceramics、陶芸家の菊川さん。ていねいに絵付けした一点ものになります。 ところで、助六の名前の由来は、歌舞伎の「助六由縁江戸桜」。助六の愛人である吉原の花魁の名前が「揚巻」で、「揚」がいなり寿司、「巻」が海苔巻きとのこと。奇しくもこの作品の受け渡しは吉原でした。しかも貸座敷跡地のお店。esou ceramicsさんもはちみせも歌舞伎助六の人気にあやかりたいものです。 デザイン・絵付け・制作までトータルで行うesou ceramics。職人の技術と斬新なアイデアで、これからも目が離せません。 Size 幕の内 : Φ105×H15 (mm) Size 助六寿司 : Φ98×H25 (mm) ※専用Boxはありません esou ceramics 一覧 https://bit.ly/2P2aka9 関連:陶器|カップ https://bit.ly/2rLomF7 --- 陶器を扱いたいと思って、一番先に目に留まったのがesou ceramicsさん。かわいらしい地図のお皿、等高線の箸おきがとてもあたらしいと思いました。サイトをみたら、今度はドストライクの伝統的な絵付けの夫婦茶碗。そのあと個展に伺ったところ、今度は鳥づくしの作品群が……! 培った技術と、縦横無尽な振り幅で、見るものを感嘆させてくれるesou ceramicsさん。今後も期待大です。 esou ceramics (エスオウ セラミクス) 京浜工業地帯出身。飛行機の発着を見て育つ。武蔵野美術大学映像学科卒業後、数年ののち石川県立九谷焼技術研修所にて陶芸を学ぶ。 素地の形成から絵付まで、一貫して行なっている。現在、年に1度くらいの頻度で個展を開催。 Webサイト http://esou.tokyo Twitter   https://twitter.com/es_ou Instagram https://www.instagram.com/esou.ceramics ! ) ・宅急便コンパクト ・お届けまで3-14日のケースあり ・簡易包装 リサイクル使用もあり